【体験談】引っ越し予定日・時間に余裕がないと失敗します!

引っ越しの見積もりを少しでも安くしたい場合、引っ越し予定日や時間に余裕を持つのが基本です。

今週中、今月中に引っ越さなくてはならない、なんて状況になってしまうと、どうしても引っ越し業者に依頼する日が限られてしまいます。

引っ越し業者は常に一律の値段で依頼を請け負っているわけではなく、繁忙期や休日などは料金が上がります。

少しでも早めに引っ越し予定日を決める

引っ越し予定日に余裕がないと、休日などに依頼せざる得なくなり、どうしても見積もりが高くなりがち。

逆に予定日に余裕があれば他の人があまり依頼しない平日や仏滅などに合わせることが可能。普段の価格よりも見積もりを安く出来るでしょう。

また、引っ越しの予定日に余裕があれば複数社を比較しながら選ぶことができます。

引っ越し予定日が明日、2日後などになってしまうとスケジュールの都合から請け負ってくれる業者が限られてしまい、こちらに選択権が無くなってしまいます。

最近は複数社の料金を見比べて選ぶのが基本なのですが、急な引っ越しではそれが使えないのです。結果、もっと安い業者があるにも関わらず、予定日の都合からそれなりの料金をとられてしまうことに。

余裕がなければ値段の交渉も難しいですしね。少しでも早めに予定日を決めて動き始めるといいですよ。

時間に余裕を持つ

また、時間に余裕を持つことも大切。理想としては引っ越しする日は1日まるまる空けておくことです。

なぜなら、引っ越し業者が自宅に到着する時間に余裕を持たせることで料金を割り引いてくれる場合があるから。

たとえば、12時に来てではなく、12時から16時の間で大丈夫と融通をもたせることで業者によっては料金を安くしてくれます。

実際、この方法で2万5千円の割引に成功したなどの声が見られます。到着する時間に幅があると自由に時間を使えないのは確かですが、割引される料金の額を考えるとかなりお得。

ぜひ引っ越し日は他の予定をいれず、業者の意見に柔軟に対応できるようにしてください。そうすることで、引っ越し料金がお得になりますよ。